f:id:music-kanazawa-discs-blog:20161007135227j:plain

レッド・ツェッペリンについてもそこそこ聴き込んだ自負はあるが、実は大半のアルバムを解散後だいぶ経ってから聴いた後追い組だ。自然それらはCDで聴くことになったが、そこに少々の悔いがある。CDがダメということではない。しかしLPの時代に作られた音楽には日々LPで聴いてこそ分かることもある。そんな中で本作は最初からLPで聴いていた数少ない一枚。少し背伸びして本作を買った昔の自分、偉い。A面が正に完璧。