今回は2016年11月末の11度目の通院と12度目の通院までの療養生活を纏めていきたいと思います。

 

   さて11度目の通院ですが、「12月頭での職場復帰」を念頭に置いて通院をしました。その理由としては確かに職場復帰を意識すると、「不安感」には襲われるけども、その「不安感」とは職場復帰をするまで一生付き合っていかなければならないと思ったからです。それならば思い切って、一日でも早く職場復帰した方が自分のためにも良いのではという思いがありました。この時期は今では考えられないほど前向きな自分がいました。

 

   しかし、医師から「ここはもう1か月ほど様子を見たほうが良い。」といわれ、自分の中でも「年明けの2017年1月復帰の方が区切りが良い」と思い、簡単に12月頭での職場復帰をあきらめてしまいました。すぐに過去を振り返ってしまうのは私の悪い癖だと思いますが、この時に職場復帰していたらどうなっていたのかと思うことはあります。

 

  なお、今回通院時に処方してもらった薬は前回と同じく下記の4種類です。

・ブロチゾラム(睡眠薬)0.25mgを寝る前に1

・ルネスタ(睡眠薬)2mgを寝る前に1

・サインバルタカプセル(抗うつ剤)30mgを朝食後に1日1カプセル

・エビリファイ(抗精神病薬)1mgを朝食後に1

 

   今回は11月末ということで、上司との面談がありました。まずは12月頭での職場復帰は無理で、2017年1月復帰になる旨を報告及び謝罪しました。上司の方は快く承諾していただきました。コミュニケーション下手で、友達の少ない私としては上司と話す時間というのが人と会話をする珍しい時間ではあります。内容はたわいもない世間話ばかりですが、考えようによっては貴重な時間ともいえるかもしれせん。

 

   ただ、このように休職している間にも金銭や貴重な時間をだいぶ無駄にしているなぁという思いはありました。それでも心と体は融通が効かないから人間の体とは不思議なモノです。

 

   今回はここまで。閲覧いただいた読者のあなたへ、ありがとうございました。またご指摘・質問等あればコメントのほどよろしくお願いいたします。